HP制作・改善・コンサルティングで女性起業家や個人業主の事業の売上UPをお手伝いいたします。予約・顧客管理システム導入にも対応致します。

文章を書く時間が長くなる人が陥っている、2つのパターン。

「文章を書くのが苦手~~」という人は、どうも文章を書く時間が長めの人が多いようですね。

書く時間が長い人は、以下の2つのパターンのどちらかに陥っていることがほとんどです。

①書いている時間ではなく、「考えている時間」が長い。
②思いつきでどんどん書いていくので、無駄に文章がダラダラして長い。(つまり長い文章を書くので、書いている時間も当然長い)

どちらにも共通して言えるのは、最初に「構成」を考えていない、ということがあげられます。

特に②
で長くなる人は、構成を考えてから書くようにすると、スッキリした文章を書けるようになります。

461029

構成については後から書きますので、今回は①で長くなる人へのプチアドバイスを。
それは・・・

「言葉の引き出しを増やしましょう」

ということです。

「どう表現したらいいか?」でつまづくと、考えてしまうのですね。

書いては消し、書いては消し・・・を繰り返していたりもします。

こういう人は、「言葉の引き出し」を増やすようにすると、色々な言葉が使えるようになりますから、その時に一番しっくりくる言葉を見つけやすくなります。

つまり、表現力がついてくるということです。

これは、日々ボーッと言葉を聞いていたり、読んでいたりするだけでは、なかなか身に付きません。

底に大きな穴が開いている器の中に言葉を入れているようなものですから、どんどん流れ出していってしまって残らないからです。

オススメは、「メモを取る」こと!

誰かのブログを読んでいて「あ、この表現いいな」と思った言葉や、
雑誌や広告で見つけた、なんだか気になった、心に響いた言葉、
TVでパッと耳に入って、妙に耳に残った言葉など、
そういう言葉を発見したり、気になったりしたときはメモするんです。

なぜメモをするかというと、メモするぞ~~と思うだけで、アンテナが立つようになるから。

「あ、いいな」と思うだけだと、そのまま底に開いた穴へササーッと流れ出ていきます(笑)

メモすると、その言葉はちゃんとインプットされます。

そして、メモしようとするので、脳が色々な言葉に反応するようになります。

こういうちょっとしたことが、驚くほど「言葉の引き出し」を増やしてくれますよ

ぜひ、やってみてくださいね。

では、次は「構成」について、です。

*********************************************************************************************
月野先生のKeaライティングサポートはこちらから
write

月野先生へのご質問、ご依頼はこちらのフォームからお願いします。
※個人的な添削やご質問はKeaライティングサポートをご利用ください

月野先生へのご質問・ご依頼フォーム
*********************************************************************************************

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA