HP制作・改善・コンサルティングで女性起業家や個人業主の事業の売上UPをお手伝いいたします。予約・顧客管理システム導入にも対応致します。

「まとまりのない文章」、ここをチェックしてみよう!

ライティング講座の受講生さんが、課題を提出されるたびにこう書かれてきました。

「まとまりのない文章のような気がするのですが・・・」

文章が苦手~という方は、自分の書く文章はまとまりがないから分かりにくい。
だから書くのは嫌なんだ、とよく言われます。

自分の書く文章が「まとまりのない文章」になっているのではないか?
と思うときは、次の方法でチェックしてみてください。

ビジネス2

それは

「書いたものを、声に出して読む」

です。まとまりのない文章は、以下のどれかに相当していると思われます。

これらのどれかに当てはまっていることが、「声に出して読む」ことで気付きますよ。

① 1文節がやたらと長い。
② 読点「、」が多すぎる。もしくは、なさすぎる。
③ 尻切れトンボになっている。(結論がない)
④ 文末がほとんど同じ。

この4つ、気を付けていただければ、すごく分かりやすい文章になりますよ!

*********************************************************************************************
月野先生のKeaライティングサポートはこちらから
write

月野先生へのご質問、ご依頼はこちらのフォームからお願いします。
※個人的な添削やご質問はKeaライティングサポートをご利用ください

月野先生へのご質問・ご依頼フォーム
*********************************************************************************************

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA